ルーンクエスト情報局

新ルーンクエストの情報です。

「新版ルーンクエスト」出版予定(2018年12月版)

2018年12月版。


f:id:mallion:20180511044434j:plain:w500


※発売済の情報は別記事に切り分けました。


2018/12月は、Facebook で Jason Dural 氏が語ったと言われる情報を追加。(ラフラフな情報なので個人的解釈で整理しなおしました)
だいぶ「未定だけど~」なものが増えてきた。近々3年分ぐらいらしい。順番は前から情報があるものを優先して予想しています。


なお、英国で行われた Dragonmeet で新情報発表があるかと思いましたが、ありませんでした……

続きを読む

新ルーンクエストのPCテンプレートを作ってみた

f:id:mallion:20181121193647j:plain:right:w250ルーンクエスト(RQG)のキャラクター作成は、旧版にくらべてかなり「まとも」なものになっていますが()、様々なキャラクターを作れるようにしているためカジュアルにPCを作るには若干重いのも事実かと思います。
(:旧3版では卓ごとにハウスルールがあると言われる状態だった)


当「PCテンプレート」シリーズでは、ルーンクエスト90sを参考に、出身地+カルト+職業、ルーンや呪文を半スクラッチでセットで提供していきます。
あとはルールブックの「STEP2:家族の歴史」またはこのブログで提供予定のハウスルール「キャラクター経歴表」を使っていただき、STEP8の「家宝」を決めればPCが完成します。


コンベンションなどでお手軽にキャラクターを作成したいとき、またNPCを作成するときなどにご利用いただければと思います。


(2018/12/9 更新:ストーム・ブル、バービスター・ゴア:合計6カルト)

続きを読む

ルーンクエスト(RQG)のキャラ作成サマリを作った【無料配布】

キャラクター・テンプレートを作るための資料をつくっていたら、冊子ができてしまった。

f:id:mallion:20181129202941j:plain


ダウンロードはこちらから。

ux.getuploader.com


もちろんですが、新ルーンクエスト(RQG)がないと使えないぞ。(表とかは本文を参照してもらうため) こちらから決断的に購入するのだ。

runequest.hatenadiary.jp

4Gamer.net に徳岡正肇氏の Jeff Richard インタビュー記事が掲載

www.4gamer.net


Essen Spiel '18 に参加された徳岡正肇さんがルーンクエストの今後の出版について、 Jeff Richard 氏にインタビューをされています!

簡単なまとめ

  • 新版ルーンクエストの初刷りは完売。2019年1月に再販する。
  • 一緒に Bestiary と GMマスタースクリーンパックも物理版が出る。
  • 次に出るのはシナリオ集(2つ?)、そのあとは GM book
  • 今後3年のあいだに20冊サプリメントが出る予定
  • RQではいま,若い女性プレイヤーが急激に増えている
  • グレッグの遺した小説を出版できるかは、今はなんともいえない
  • が、ルーンクエストの小説は何個か執筆されている?
  • HeroQuest はSRD化される(
  • ルーンクエストのIP(版権)交渉はいっぱいある。デジタルゲームのことについては「かくあるべき」というのはないが、ルーンクエストらしさは担保したい


Ian Cooper 氏からも同様の情報をいただきました→
その他のグローランサ関係の出版予定 - ルーンクエスト情報局


3年で20冊も本を出すといわれても、ケイオシアムの旧来からのファンにはZガンダムばりに「信じられるものかよ!」とか言いたくなってしまいますが(笑)(※※)、ともかくたのしみですね。


デジタルゲーム化も進んでいるとも取れる発言をされていますが、ここはやはりフロムソフトウェアからのゲーム化をですね……。いや冗談です。
でも パヴィスを舞台にしたスカイリムみたいなゲーム とかやりたいじゃないですか。やりたくない?


※※ 1980年ぐらいのサプリにもそんなことが書いてあったが2年後ぐらいにアヴァロンヒルに版権が売却された)

その他のグローランサ関係の出版予定

(2018年11月時点の情報です)

HeroQuest シリーズ

ナラティブRPGのラインで、2001年の「HeroWars」の流れをくみます。背景情報設定集としては、ルーンクエストや 13th Age でも使用することができると銘打っています。

HeroQuest SRD (仮)

  • グローランサだけではなく、ほかの背景設定も扱えるように変更した新ルール。
  • Open Game Licence であり、System Reference Documents (SRD) でもある。
    • つまり HeroQuest 2.0 に回帰する
  • 印刷版としては、コアルールと、32ページのジャンルパック(背景設定本)が単独で出る。
    • ジャンルパック募集中!らしい

Fonrit 本(仮)

  • 南方大陸のフォンリットを舞台にした本。まじか……
  • フォンリットってこんなところ

runequest.hatenadiary.jp

Red Cow Book 3冊目

  • 1621年?から1625年の間の、Eleven Lights ではあまり触れられなかった反乱軍の動きについて扱う本らしい
  • Eleven Lights では「なんか遠くでドラゴンが目覚めたらしい!」みたいな扱いだった Dragonrise 事件が中心になる、のだろうか
  • HeroQuest 1の頃の途中で立ち消えた「Sartar Rising!」を再演するのかもしれない。
  • Boat Planet の謎が明かされる、らしい
続きを読む