ルーンクエスト情報局

新ルーンクエストの情報です。

新ルーンクエストのPCテンプレートを作ってみた

f:id:mallion:20181121193647j:plain:right:w250ルーンクエスト(RQG)のキャラクター作成は、旧版にくらべてかなり「まとも」なものになっていますが()、様々なキャラクターを作れるようにしているためカジュアルにPCを作るには若干重いのも事実かと思います。
(:旧3版では卓ごとにハウスルールがあると言われる状態だった)


当「PCテンプレート」シリーズでは、ルーンクエスト90sを参考に、出身地+カルト+職業、ルーンや呪文を半スクラッチでセットで提供していきます。
あとはルールブックの「STEP2:家族の歴史」またはこのブログで提供予定のハウスルール「キャラクター経歴表」を使っていただき、STEP8の「家宝」を決めればPCが完成します。


コンベンションなどでお手軽にキャラクターを作成したいとき、またNPCを作成するときなどにご利用いただければと思います。


(2018/12/20 更新:雷鳴轟かすオーランス、ユールマル:合計8カルト)

続きを読む

ルーンクエスト(RQG)のキャラ作成サマリを作った【無料配布】

キャラクター・テンプレートを作るための資料をつくっていたら、冊子ができてしまった。

f:id:mallion:20181129202941j:plain


ダウンロードはこちらから。

ux.getuploader.com


もちろんですが、新ルーンクエスト(RQG)がないと使えないぞ。(表とかは本文を参照してもらうため) こちらから決断的に購入するのだ。

runequest.hatenadiary.jp

4Gamer.net に徳岡正肇氏の Jeff Richard インタビュー記事が掲載

www.4gamer.net


Essen Spiel '18 に参加された徳岡正肇さんがルーンクエストの今後の出版について、 Jeff Richard 氏にインタビューをされています!

簡単なまとめ

  • 新版ルーンクエストの初刷りは完売。2019年1月に再販する。
  • 一緒に Bestiary と GMマスタースクリーンパックも物理版が出る。
  • 次に出るのはシナリオ集(2つ?)、そのあとは GM book
  • 今後3年のあいだに20冊サプリメントが出る予定
  • RQではいま,若い女性プレイヤーが急激に増えている
  • グレッグの遺した小説を出版できるかは、今はなんともいえない
  • が、ルーンクエストの小説は何個か執筆されている?
  • HeroQuest はSRD化される(
  • ルーンクエストのIP(版権)交渉はいっぱいある。デジタルゲームのことについては「かくあるべき」というのはないが、ルーンクエストらしさは担保したい


Ian Cooper 氏からも同様の情報をいただきました→
その他のグローランサ関係の出版予定 - ルーンクエスト情報局


3年で20冊も本を出すといわれても、ケイオシアムの旧来からのファンにはZガンダムばりに「信じられるものかよ!」とか言いたくなってしまいますが(笑)(※※)、ともかくたのしみですね。


デジタルゲーム化も進んでいるとも取れる発言をされていますが、ここはやはりフロムソフトウェアからのゲーム化をですね……。いや冗談です。
でも パヴィスを舞台にしたスカイリムみたいなゲーム とかやりたいじゃないですか。やりたくない?


※※ 1980年ぐらいのサプリにもそんなことが書いてあったが2年後ぐらいにアヴァロンヒルに版権が売却された)

その他のグローランサ関係の出版予定

(2018年11月時点の情報です)

HeroQuest シリーズ

ナラティブRPGのラインで、2001年の「HeroWars」の流れをくみます。背景情報設定集としては、ルーンクエストや 13th Age でも使用することができると銘打っています。

HeroQuest SRD (仮)

  • グローランサだけではなく、ほかの背景設定も扱えるように変更した新ルール。
  • Open Game Licence であり、System Reference Documents (SRD) でもある。
    • つまり HeroQuest 2.0 に回帰する
  • 印刷版としては、コアルールと、32ページのジャンルパック(背景設定本)が単独で出る。
    • ジャンルパック募集中!らしい

Fonrit 本(仮)

  • 南方大陸のフォンリットを舞台にした本。まじか……
  • フォンリットってこんなところ

runequest.hatenadiary.jp

Red Cow Book 3冊目

  • 1621年?から1625年の間の、Eleven Lights ではあまり触れられなかった反乱軍の動きについて扱う本らしい
  • Eleven Lights では「なんか遠くでドラゴンが目覚めたらしい!」みたいな扱いだった Dragonrise 事件が中心になる、のだろうか
  • HeroQuest 1の頃の途中で立ち消えた「Sartar Rising!」を再演するのかもしれない。
  • Boat Planet の謎が明かされる、らしい
続きを読む

ルーンクエスト関連グッズが通販されてます

TRPGスペース リーチングムーンさん(名前からわかるように、この店の設立には ルナー教徒の陰謀 ルーンクエストが深くかかわっております)で、ルーンクエストのダイスの輸入販売がされております。

f:id:mallion:20181104213504j:plain

続きを読む

グレッグ・スタフォード氏死去。さようなら、グレッグ

www.chaosium.com

さようなら、グレッグ・スタッフォード(1948年 - 2018年)

2018年10月12日 Michael O'Brien 投稿


われわれが尊敬し愛する創業者、グレッグ・スタフォードが亡くなったとの報に接し、ケイオシアムの子らのショックと悲しみは計り知れません。グレッグは昨日、カリフォルニア州アルカタにある自宅にあるスウェット・ロッジ*1で亡くなりました。幸いにも、彼の死は痛みなく速やかなものでした。彼はその生きざまの如く、啓蒙のスピリチュアルクエストに旅立ちました。


史上最大のゲームデザイナーの一人であり、数えきれないほどの多くの賞を勝ち取った、友にして師、教導者にして世代をまたぐゲーマーたちに霊感を与えたもの、「ゲームの大シャーマン」は、テーブルトークRPGの世界にはかりしれない影響を与えました。


グレッグは1975年にケイオシアム社を創設し、当初から(彼の言葉を引用すれば)「模倣することに満足せず、かわりに自分たちオリジナルのプレイの仕方、内容、デザインでゲームを出版し」てきました。彼のリーダーシップの下、ケイオシアム社はすぐに独創性と創造性で名を馳せ、このホビーにおいて現在では当たり前となった多くのことを初めて導入しました。 John Wick(7th Sea、Legend of Five Rings)が言ったことが忘れられません。“年を重ねると、若いRPGデザイナーたちが「これは決して前にやられたことはありません!」と言うのをたびたび聞くようになった。そしてその度、私は グレッグ・スタフォードが何十年も前にやったことだと指摘してやるのだ。"


ロールプレイングゲームボードゲーム、フィクションでのグレッグの作品は、最も魅力的で革新的なものとして評価されています。グローランサオアハカ市*2アーサー王シャーマニズム、神話など、グレッグがその興味と情熱をそそいだ分野で、グレッグが霊感と熱狂をあたえた数え切れない人々から、数多くのお別れのメッセージが来ることは間違いありません。


さしあたって、2018年の ENnies Awards のセレモニー、彼の最後の公的関与において神話創造者たる彼自身が語った言葉をここに置いておきます。グレッグは、最近、特に2015年に取締役会の議長に返り咲いて以降のケイオシアム社が行ってきた仕事を非常に誇りに思っていました。 翻って考えると、究極的には、彼はゲーム業界に携わるものの成功は、ファンの熱意とサポートによると考えていました。 ケイオシアム社一同は、グレッグ・スタッフォードそのひとと、彼が達成したことによって、RPGのファンたちがファンとなった(私たちも含めて!)と考えています。


youtu.be


グレッグの妻スザンヌ、そして彼の子供ノア、アリシャ、ジェイソン、そしてその家族への心からの哀悼の意を表します。


さようなら、グレッグ。 -ケイオシアム社一同


#WeAreAllUs *3


BRP Central のお悔やみスレッド

私たちは、BRPセントラルで特別なお悔やみのスレッドを作成しました ―― グレッグ・スタフォードについて、哀悼の意を表明し、思い出し、祈念するためのケイオシアムの掲示板です。


彼の人生と遺したものに対する感謝の気持ちを表明したい、あるいは自分の気持ちを残したい、あるいは敬意を表したいのであれば、ここにご自由に書き記してください。グレッグの妻スザンヌと家族は、世界中のゲーム・コミュニティで、彼が愛され、尊敬され、尊敬されていることを知っています。彼らの心の準備ができたら、あなたの記事を読むためのリンクを渡しています。グレッグの家族は、この悲しみの時を私事として過ごすことを尊重してもらえるよう希望しています。


https://basicroleplaying.org/topic/8417-greg-stafford-condolence-thread


あまりにも突然で戸惑っています。
2001年に来日されたときに、多くのファンが集まって一緒にゲームをしたことが昨日のように思い出されます。もう一度お会いしたかったです。


f:id:mallion:20181013050249j:plain:w200


さようなら、グレッグ。


- - - -

*1:アメリカ・インディアンの儀式のための小屋(発汗小屋)→wikipedia

*2:メキシコの都市。オアハカ州の州都。グレッグは2004年にメキシコに移住している

*3:「我々は皆、われらなり」。グローランサのルナー教徒の信条